夏休みの宿題陶芸!!~須恵器ガイドと同心円紋のたたき皿作り

8月6日(土)に寒風陶芸会館裏手にある寒風古窯跡群から出土した須恵器について、
学芸員さんに分かりやすくガイドしていただきました。
どうしてここで焼き物が作られていたのか?ちゃんと理由があるんです。

1300年程前に創られた焼き物が今現在こうして残っているわけですから、
今現在ここで創った焼き物も1000年後の人が見て、「ああです、こうです。」
なんていわれながら後の学習材料になるかもしれませんね。

須恵器の甕の内側には素敵な模様が付いているんですが、
決して表には出る事のなかったその内側の模様を皿の表面に付ける
陶芸体験をしました。
とっても美しい模様のお皿が出来ましたので、スタッフ急いで焼上げる準備に入ります!
夏休みの宿題ですもんね、急ぎますよ!

  1. Can you comment on why FreeBSD’s soft-updates approach with UFS2 has not been adopted by other filesystems? We switched from Linux/XFS to FreeBSD/UFS2 and saw very impressive performance gains for an I/O bound environment. Our previous efforts were mostly failures as they didn’t solve the problem (ext3->XFS, hardware upgrades, rewrites), but UFS2 did! I don’t care if I’m using FreeBSD or Linux, but its a shame that we has to switch operating systems to get decent FS performance.

5 adverse psychological cause infertility へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA