寒風円面硯を武田双雲先生へ

とっても素敵な先生でした。

我々が取り組んでいる須恵器の再現プロジェクト。
再現した須恵器の円面硯をお試しいただき、ご意見を頂戴できれば・・・、との要望を快く汲んでいただき実現。

   
瀬戸内市長及び公益財団法人寒風陶芸の里代表理事 武久顕也より寒風円面硯の贈呈。
早速墨を擦り筆を運び、感じることを言葉にしてくださいました。
「表面の質感や墨を擦る音から、荒くワイルドな印象だったけれど、実際文字を書いてみると、細かく繊細に墨が擦れていますね。」と。それを分かりやすく伝えられるように、にじみが強く出る紙を選んで、墨の濃度も考えてくださっていました。
紙の中の墨の映りは3D、あらためて書の奥深さを感じ、心が動きました。

寒風古窯跡群から出土している須恵器の円面硯について。
円面硯は飛鳥時代に高級官僚のみが使用したとされる文房具の一つであり、須恵器生産地である寒風古窯跡群から数点の破片しか出土していません。現在、墨を擦る時に使用する硯のほとんどは石で作られていますが、漢字が中国から日本へ伝わり硯が導入されたのは古代(7世紀前半ごろ)の飛鳥時代からで、平安時代中期ごろまでは墨を擦ることに耐えうる硬さを持つ須恵質の焼き物による硯(陶硯)が使用されていました。

現在、文書を作成するには文字を「書く」ことからパソコン等で文字を「打つ」行為に代わってきましたが、簡略化される行為は感覚を退化させてしまいそうな気がします。過去が古いという定義は時間の経過という意味であって、実は新しくもあるような、そんな気がします。墨を擦って文字を書くということは、「視覚」「聴覚」「嗅覚」「触覚」味覚を抜いて「心覚」等、多くの感覚を使い新しい何かに気づく感覚を育てるように思います。忙しい時代だからこそ、大事にしたいことの一つだと感じました。

武田双雲
先生、貴重なお時間を頂戴しまして、大変ありがとうございました。なんと武田双雲公式ブログにも書いてくださっています。
私たちの住む瀬戸内市の和菓子屋「岡山夢菓匠 敷島堂」さんの社名を書かれていらっしゃることから、ご縁をいただく事が出来ました。関係者の皆様ありがとうございました。

須恵器焼成中

順調に須恵器焼成中。

1400年前当時の窯は、地下深いところにある完全地下式の穴窯(傾斜地に横穴を掘り進めた窯)でした。
窯の上部がアーチ状ではなく、傾斜地の地形そのままだったと思います。
冬場、なだらかな傾斜面はきっとぬくぬくしていたのではないでしょうか。

当時の人たちはどんな風に焚いていたのだろうか、どんな風に焚き手さんは交代していたのだろう。
時計は無かったでしょうから、「日が昇ってきたらぼちぼち交代ね。」「太陽があそこに来たから交代ね。」なんて焚いていたのかもしれない。
夜当番は月明かりと、窯の火の明かりで焚いていたのだろうか、かがり火も焚いていたのかもしれない。
もしかしたら冬場の窯焚きは地面があったかくなるから、子供、家族、集落の人もみんな集まって傾斜地で寝ていたかもしれない。
なんていろいろ想像してしまいます。

寒風古窯跡群から出土した1400年前の須恵器の破片は「物」ですが、当時それを作った人たちがここに居て、その家族があって、集落があって、須恵器を必要とする社会があったのです。
火を見ながら、同じように1400年前に火を見て焚いていた人たちの平和な暮らしを想像してしまいます。

須恵器焼成窯の焼成

近くの池も凍ったまま、寒い日が続いています。
こつこつと作品を窯詰めし、昨年に続き今年も須恵器焼成の窯に火が入りました。
窯詰めを手伝ってくれたSさん、Aさんありがとうございました。
 

1400年前は棚板などありませんでしたから、地面にそのまま作品を置くような形で窯詰めしていたと思います。
今回は細かい作品など様々な作品があり、少し焼成リスクを避けるために棚組をしての窯詰め、古代に習いつつ文明の利器を使用。
 
 

昨年11月に行った円面硯も入り、須恵器に仕上がるのを待ちます。
窯場は24時間営業中、お時間のある方は覗いてくださいね。

窯跡研究会の皆様ご来館

昨年須恵器窯と須恵器の焼成について講演いただいた森内さんのご縁で、窯跡研究会の皆さんが寒風に来て下さいました。窯跡研究会第16回研究会「岡山県備前市佐山東山窯にかかる 須恵器生産の大型化をめぐる地域事例報告および備前焼の窯構造」ということで大学や専門機関の方、学芸員の方から学生まで、地域も年齢も幅広いメンバーの皆さんが岡山に集合。
草が生い茂る大草原の寒風もなんのその、草を分け入って寒風古窯跡を歩き、窯跡や灰原にある陶片を確認されていました。
寒風窯産の鴟尾について大脇潔氏のお話も大変興味深かったです。

次はメインの岡山理科大学が発掘調査をしている「備前市佐山東山窯跡」の現地説明会へ。
「佐山東山窯跡」は奈良時代(8世紀後半)に須恵器が焼かれていた窯で、全長16メートルに及ぶ国内最大級の須恵器窯だそうです。「寒風古窯跡」は7世紀初頭から8世紀初頭の飛鳥時代を中心とした約100年間須恵器を焼いていました。寒風は遺物から推測するに官窯の要素が大きいといわれますが、「佐山古窯跡」からも文字資料や硯などが出土しており、官窯の可能性が推測されるとのこと。残ったものから当時を想像する作業は沢山の経験や知識から事実を推測するわけですから、感覚的ではないイマジネーションの世界。寒風古窯跡を発掘調査した在野の考古学者・時實黙水さんも色々なイマジネーションをはたらかせ調査されていたのかもしれません。
窯跡研究会の皆様、ご来館いただきありがとうございました。
是非またいらしてください!

黙水さんまつり2017

牛窓、長浜が誇る在野の考古学者・時實黙水さんは60年間コツコツと史跡の発掘調査を行い、戦後の考古学者の中でも一目置かれた存在でした。寒風古窯跡群が国の史跡に指定された背景には、黙水さんの孤独で地道な努力と内に秘めた情熱があったのです。

本日、寒風ボランティア協議会主催の「黙水さんまつり」が開催され、講演会「師楽式土器について」講師:間壁葭子氏(神戸大学名誉教授・元倉敷考古館学芸員)にはたくさんの方々に参加いただきました。
製塩土器の名称として「師楽式土器」というものがあります。先生が学生時代に調査し卒論のテーマにした思い出の土器について沢山お話しいただきました。牛窓には「師楽」という地名があり、その地名が名称として付けられているのですから牛窓のこの辺りで盛んに塩が作られていたことがうかがえます。参加いただいた皆さんは興味深くお話を聞かれていました。
師楽式土器に付いているたたきの文様は外側にありますが、寒風の須恵器についているたたきの文様は内側にあります。時代、土器と須恵器の違いはありますが、何か近い印象を受けます。

黙水さんの命日が6月13日ということで、お墓参りを皆さんとしてきました。

千年の月日が流れても、焼き物はその当時の様子を伝えます。黙水さんも調査しながらいろいろなことを想像されたのでしょうね。

 

土と遊んでいただきました!

長い黄金週間中の「寒風陶芸まつり」では、たくさんの皆様に土と遊んでいただきました。
長い人生と黄金週間、遊ばにゃ損!
作り手のかける力や抜き方で、土は如何様にも変化する柔らかい相手です。
思うようにいくような、いかないような面白い素材を楽しんでいただきました。
陶芸まつり期間中は、日替わりで飲食の販売や、お煎茶のお茶席もあり喜んでいただきました。

ご来館いただいた皆様、関係者の皆様、ありがとうございました!

植物の声(春)

何もしゃべらない植物たちですが、色や形を変え春を知らせてくれています。

桜は少しピンク色をのぞかせています。あと何日かで満開になるでしょう。

写真では分かりにくいかもしれませんが、
史跡の丘の上にある山桜は満開です。


会館の植物たちも芽吹き始めています。
(アジサイ)(ヤマモモ)


史跡からの古道を案内する看板には鳥が一休み。
窓を開けっぱなしが気持ちよくなるころには、うぐいすの生演奏も聞こえてきます。
お客様に、これはBGMですか?と聞かれることがあります。
玄関脇にはイチゴの苗。もう少しすれば花が咲き実を着けてくれます。
先着順ですので、見つけた方からお口へどうぞ。

晴天の黙水さんウォーク3!

何日か前の天気予報では雨と出ていましたが、良い天気に恵まれ「黙水さんウォーク3」(主催:寒風ボランティア協議会・寒風陶芸会館)を開催することが出来ました。
今回のコースは、寒風で作られた須恵器を都に運ぶ際、当時の陶工が海まで歩いたかもしれない古道を歩くコースです。
途中、寒風作家協議会会員の松川広己さんの大土井窯を見学。窯を作る際、地中から多くの須恵器片が出てきたそうです。
寒風古窯跡群から少し奥にある切明窯跡に近く、このあたり一帯が須恵器の一大生産地だったことがうかがえます。

海への道を歩いていくと、牛窓町長浜の粟利郷地区に出ます。当時この辺りは海だったので、海路を使う運搬に便利な港だったようです。地域にある天神社は鳥居が海に向いており、当時の陶工も船の無事を祈ってお参りしてから、須恵器を積み込んだのかもしれません。この地域にある岡山県指定重要無形文化財「粟利郷太刀踊り」は1300年前から脈々と今も続いているお祭りだそうです。
時間の流れがなんだかすごい!続けて繋いでいくってことはそんなに簡単なことではないと思います。この地域の方たちの、歴史・文化を引き継いで行こうという力を感じまた。


車社会に身を置いた生活ではなかなか当時の生活の様子は想像しにくいですが、こうして歩いてみると感覚的に当時の様子を想像出来ます。1300年前だなんてはるか昔ですが、はるか昔を想像しながらの気持ちの良いウォーキングで、迷子も出ず無事帰ることが出来ました。参加いただいた皆様、ありがとうございました!

「須恵器窯再現・焼成プロジェクト」最終

季節は巡り、春の声が聞こえてくる今日この頃。
このプロジェクトに取り掛かったのは残暑厳しい9月初め。
外の作業をしているとくらくらするような暑さの中、窯づくりを進めてきました。
窯が完成し、窯を乾かし空焚きをし、作品作りを進めて2月初旬に窯詰め。
2月中旬の寒い時期に窯焚きをし、先日窯出しを迎えることが出来ました。

興味を持って協力してくださった皆さんのおかげで、やっとここまで来ました。
窯出しを終え、いくつかの課題を示す結果もあり、当時の人たちも試行錯誤しながら窯焚きに臨んだのでは、
という想像が働く事に。

個人でモノづくりに取り組む事とは少し違った、地域の皆さんと地域の歴史や文化を思いながら取り組んだ今回のプロジェクトの作品展示が今日から始まっています。ぜひ足を運んでご覧いただけたらうれしいです。
展示期間最終日は講演会があります、こちらもよろしくお願いします。

●須恵器窯・窯出し作品展
平成29年3月1日(水)~5日(日) 9:00~17:00

●講演会「地形環境からみた寒風古窯跡群の須恵器生産」
平成29年3月5日(日)10:00~11:30
講師:山本悦世氏(岡山大学埋蔵文化財調査研究センター副センタ―長・教授)