干支皿体験のお知らせ!!

一気に寒くなり、体調をくずしやすい今日この頃みなさまいかがお過ごしでしょうか?
毎年恒例の干支絵付け体験企画のご案内です~

2016年11月23日(水)~12月4日(日)まで、来年の干支「酉」をテーマに絵付け体験(呉須)をしてください!!
絵を描くのが苦手な方は来年の抱負を描くのはいかがでしょ~
通常900円が800円で体験できます!!そして体験いただいた20名様限定で寒風ストラップをプレゼントいたします!!
出来たお皿は12月18日(火)~12月18日(日)の期間、寒風陶芸会館内にて展示させていただきます。

詳細はHP・イベントのご案内をご覧いただくか、寒風陶芸会館までお問い合わせください~

「山ノ神遺跡」へ行ってきました!&講演会のお知らせ!

投稿が大変遅くなってしまいましたが、8月末に滋賀県大津市にある「山ノ神遺跡」へ、ボランティア協議会の方々と視察に行ってきました、
大津市瀬田地区は史跡や文化財が多く残っている地域で、「山ノ神遺跡」についてはこれまでの発掘調査により、窯跡四基とそれに伴う失敗品や灰などを捨てた灰原、土器生産の工房跡と考えられる竪穴建物や掘立柱建物などが発見されています。この窯跡の中に、焼成途中で窯の天井が崩壊したため、窯詰めの状態のまま鴟尾が四基が残された窯跡が発見されました。これは全国的にみても大変珍しく、貴重な資料と言われています。

今取り組んでいる須恵器窯の復元活動の参考にと、寒風メンバーで伺いました。復元活動に取り組む「瀬田文化振興会」の皆さんの取り組みを丁寧にご案内いただき、今後の活動の良い刺激になりました。

須恵器の生産地は日本各地、色々なところにありますが、鴟尾を比べてみても、その土地で作られたそれぞれの特徴があり、須恵器のお国自慢大会が出来そうです。
寒風陶芸会館は小さな施設ではありますが、須恵器を通して色々な須恵器生産地に住む方たちと、文化交流できることを夢見ています。
その一つとしてこのたび「山ノ神遺跡」を調査された学芸員さんを寒風陶芸会館にお招きして講演会を開催する運びとなりました。
寒風と比較しながら、大津の須恵器生産の歴史など面白いお話が聞けそうです、興味のある方はぜひぜひ!!!

演目 「鴟尾がとりもつ縁~大津山ノ神遺跡と寒風の須恵器~」
日時 平成28年11月27日(日)13:30~15:00
定員 30名(要予約・資料準備のため)
講師 田 中 久 雄  氏(大津市教育委員会)
   馬 場 昌 一  氏(瀬戸内市教育委員会)
問い合わせ・申し込み

   寒風陶芸会館  0869-34-5680

%e5%a4%a7%e6%b4%a5%e7%a0%94%e4%bf%ae2016-5 %e5%a4%a7%e6%b4%a5%e7%a0%94%e4%bf%ae2016-2 %e5%a4%a7%e6%b4%a5%e7%a0%94%e4%bf%ae2016-11 %e5%a4%a7%e6%b4%a5%e7%a0%94%e4%bf%ae2016-14 %e5%a4%a7%e6%b4%a5%e7%a0%94%e4%bf%ae2016-24

大窯作品展と大窯見学会

只今寒風陶芸会館では、全長85mの大窯で焼成された森陶岳先生の未公開作品を特別展示させていただいています。
また作品展観覧者対象に先着・要予約で大窯見学を行っております。

森陶岳先生が古備前の神髄を追求すべく挑戦した、未知の世界である窯全長85m、幅6m、高さ3m、半地下構造直炎式の大窯。平成27年1月に火が入り、107日間の焼成を終えられました。
会場では、大窯未公開作品13点を展示するとともに、先生のこれまでの取り組みを紹介する記録映像を公開しています。また、ご多忙中にもかかわらずご厚意により、土・日・祝日には大窯の見学会を開催させていただく運びとなり、先生のご協力に深く感謝いたします。

悪天候にもかかわらず、本日も沢山の方に参加いただきました。
%e5%a4%a7%e7%aa%af%e8%a6%8b%e5%ad%a6%e4%bc%9a-2 %e5%a4%a7%e7%aa%af%e8%a6%8b%e5%ad%a6%e4%bc%9a-1

古備前を追求し超えようとする森陶岳先生の取り組みを通じて、備前焼のルーツを探ると共に、地域歴史文化の魅力と、大窯が生み出した作品の奥に潜む何かを感じていただければ幸いです。

<問い合わせ先>寒風陶芸会館
http://www.sabukaze.com/event/287.html

寒風須恵器窯の再現・焼成プロジェクト始動!

国指定史跡・寒風古窯跡群には、窯跡が何基か確認されています。
しかし当時の窯は土を盛っただけの窯なので、現存するものはありません。
調査され、確認されてはいますが、史跡一帯には見える状態の窯は無く、「ここに窯がありました。」の看板があるだけ。
来館いただいて、発掘品を見ていただいても、当時の窯の様子はお客様の想像力に頼っています。
そこで、「須恵器の窯が再現出来たらなー」「須恵器が焼けたらなー」という思いを形にするため、動き出したプロジェクト。

史跡の中に窯は作れませんので、限られた選択肢の場所で出来る形を模索し、
寒風ボランティア協議会、寒風作家協議会有志により9月に入って進み始めました。

本当にここで出来るのか?と確認のための試掘日が9月1日(木)でした。
「試掘」からそのまま「荒堀」まで進みました。
9-1-19-1-17
これなら大丈夫!ということで9月6日(火)には「窯床づくり」。
9-6-129-6-10
9月7日(水)には「窯床たたき締め」と「竹切り」の作業。
9-7-39-7-4
須恵器が焼かれていた当時はまだ竹が日本には入ってきていなかったようですが、
今回は竹を使って窯体の骨組みを作っていきます。
9月11日(日)には竹組がだいぶ進み、窯体がイメージ出来るところまで来ました。
29-9-9-428-9-10-7
28-9-10-1528-9-11-6
出来るだけ多くの方に窯の再現、焼成等に関わっていただきたいので、気になる方はぜひ覗いてください!
お手伝い大歓迎です!!

作業日程はまた発表します。
よろしくお願い致します。(^o^)丿

中庭で野焼きの日

8月に参加いただきました、埴輪づくりの作品を9月11日(日)に、寒風陶芸会館の中庭で野焼きしました。
岡山県陶芸同好会の皆さんたちが燃料の木など準備してくださり、焼成して下さいました。
s_%e9%a9%a5%e5%ae%88%e2%94%a5%e7%b8%ba%e3%83%bb8-9-1s_%e9%a9%a5%e5%ae%88%e2%94%a5%e7%b8%ba%e3%83%bb8-9-2
9月になり、涼しくなったとはいえ、まだまだ暑い。
9時頃には火が入り、燃えろよ燃えろのキャンプファイヤーみたいです。
焚いてる人も暑いけれど、火の中にいる埴輪たちも熱さに耐え、見事無事焼き上がりました。

s_%e9%a9%a5%e5%ae%88%e2%94%a5%e7%b8%ba%e3%83%bb8-9-3s_%e9%a9%a5%e5%ae%88%e2%94%a5%e7%b8%ba%e3%83%bb8-9-4
須恵器以前の焼成方法「野焼き」はとてもシンプルで原始的です。
良い色に焼けた埴輪たちは「岡山県天神山プラザ」にて、岡山県陶芸同好会の皆さんの作品と共に展示されます。
是非見に行ってください。

「第37回 岡山県陶芸同好会展」
*おかやま県民文化祭、岡山市芸術祭参加事業

とき:平成28年10月11日(火)~16日(日)
午前10時~午後5時 *入場は午後4時30分迄
(最終日は午後2時30分迄)

ところ:岡山県天神山プラザ第3展示室
(岡山市北区天神町8-54)

主催:岡山県陶芸同好会

後援:岡山県 岡山県教育委員会
岡山市 岡山市教育委員会
山陽新聞

 

館内冷えてますが、陶芸体験は熱い!

絵付や土ひねり体験、いろいろです。
楽しい作品がいっぱいです!
体験企画まとめてアップしちゃいます。
「備前焼の表札作り」「同心円紋の時計作り」「感謝状の絵付け体験」や岡山県陶芸同好会の皆さんご指導の「野焼きの埴輪づくり」など。
子供は、想像したものを形にするのは得意です。
迷わず手を動かして形にしてまとめる作業には感心します。
大人も負けてはいられません。
ぜひ一緒に体験して、子供の力を信じて見守っていただきたいです。
備前焼表札づくり2016 (1) 2-16.7 (1) 2-16.7 (2) 2-16.7 (3) 2-16.7 (4) 2-16.7 (5) 2-16.7 (6) 2-16.7 (7) CIMG7869 CIMG7870 CIMG7871 CIMG7872 CIMG7873 CIMG7874 CIMG7875 CIMG7876 CIMG7877

黙水さんまつり2016

牛窓町長浜に生まれた在野の考古学者「時實黙水」さんにスポットを当てた「黙水さんまつり2016」(主催:寒風ボランティア協議会)が始まりました。
黙水さんは60年間コツコツと史跡の発掘調査を行い、戦後の考古学者の中でも一目置かれた存在でした。
寒風古窯跡群が国の史跡に認定された背景には、黙水さんの地道な努力と内に秘めた情熱がありました。
「寒風陶芸の里」「寒風陶芸会館」の生みの親でもあります。
黙水さんが発掘した1400年前の須恵器と、黙水さんの人脈などが分かる資料等が並んでいます。
お茶席もあり、ゆっくりしていただける内容となってますので、ぜひ足をお運びください!

2016黙水さんまつり (2)2016黙水さんまつり (1)

明日6月12日(日)10:00~備前焼ミュージアム館長の臼井洋輔氏による講演会がありますので、こちらもぜひ!!
見えないところへ心血を注ぐモノづくりの姿勢など、大変興味深いお話をしていただけます。

講演会:「備前焼の真相に秘められたDNA-見えないものを大切にする文化的特質ー」
講師:臼井洋輔先生(文学博士・元吉備国際大学教授・備前焼ミュージアム館長)
参加費:無料(資料代300円)
要予約:寒風陶芸会館0869-34-5680

 

春の休日土と遊ぼう!&寒風茶屋

5月3,4,5日だけの特別企画「ワンコイン電動ろくろ体験!!」(中学生以下対象)
初めてでもなんとかなりますし、指導員がなんとかします!

CIMG7753

通常の陶芸体験もやってまーす!
CIMG7755

大人の方もも子供さんも土あそびを楽しんでくれています!!

寒風茶屋は期間中お煎茶のお点前があり、丁寧な一服のお茶を味わっていただくことができます。
寒風の山の中、ぜひおいしいお茶と陶芸時間をお楽しみください。
CIMG7747CIMG7749CIMG7750

おかやまデスティネーションキャンペーン「寒風茶屋」始まりました!!

本日より、おかやまデスティネーションキャンペーンとして「寒風茶屋」が始まります!!
おいしい日本茶を寒風作家協議会会員の器で提供いたします。
瀬戸内市にあります「お茶のおおがわら」さんに協力いただき、おいしいお茶がふるまわれます。
寒風陶芸会館周辺はいろいろな花が咲き乱れています。
春の心地よい空気の中、ぜひ一服のお茶と陶芸体験(陶芸体験者にはプレゼント付)をお楽しみください。

寒風茶屋
日時 :平成28年 4月~6月土・日曜日・祝日
10:00~16:00

一服 :無料(ゴールデンウィークは陶芸体験者のみ)

CIMG7737 CIMG7736 CIMG7741 CIMG7740 CIMG7739